カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

天気予報の活用(国内)

■ 山での天気

 山の天気は変わりやすいと言われています。平地では風がふいて空気が流れてもその空気の高さ(高度)は変わりませんが、山で風がふくと山の斜面に沿って空気が上昇したり、下降したりします。この空気が上下することによって、空気の状態が変化して天気が変わりやすくなります。
 天気を決める要素は、広域的に考えると高気圧、低気圧、前線、気団等の要素があり、局所的に考えると風(風力・風向)、温度、気圧、湿度が関係してきます。風がふいて湿った空気が山の斜面を上昇すると、空気が冷やされ露点温度が下がり空気中の水蒸気が水滴となり雨を降らせます。

■ 天気予報の活用

 最近は、気象庁だけでなく民間の気象会社が特定の目的や範囲で予報を出すサービスを提供しており、気象庁の天気予報とこれらの民間の気象会社の予報を合わせて活用しましょう。
 天気予報の活用の最も重要なことは、「その場所」の「最新の情報」を得ることです。当たり前と感じるかもしれませんが、山の斜面の西側と東側で天気が異なることは普通にあるので、「その場所」もしくはその場所と同じ天気と思われる場所を特定して場所を選定しましょう。わからない場合は、「その場所」の周辺の複数の地点の予報を確認しましょう。
 「最新の情報」は気象庁から発表される短期予報と地域時系列予報の朝5時、11時、17時のタイミングで確認しましょう。また、民間の気象会社はさらに細かい時間単位で数値予測をおこなっているので、常に最新の情報を活用するようにしましょう。たとえば、登山中の尾根で電波が入る場合、登山中に最新の情報を得ることはとても有用です。

■ 天気予報サイトの紹介(携帯電話、スマートフォン)

 山岳ガイドとして普段利用している携帯電話とスマートフォンのサイトをいくつか紹介します。
1.日本気象協会
2.ウェザーニュース

■ 天気予報サイトの紹介(PCサイト)

山岳ガイドとして普段利用しているパソコンのサイトをいくつか紹介します。繰り返しになりますが、その場所の最新の天気予報を得ることが最も重要なことなので、サイトの選択、更新情報の入手手段(スマフォ、携帯電話)を検討しましょう。

1.日本気象協会 http://tenki.jp/

 日本気象協会は代表的な民間の気象会社です。日々の天気予報を各日の担当の気象予報士(日直予報士)が解説したり、山の天気、過去の天気、各種指標等、天気・気象にかかわる全般の情報がこのサイトで得られます。その中でも山の天気について紹介します。
↓‘本気象協会のリンクをクリックしてページを開きます。∈犬離瓮縫紂爾ら「山の天気」をクリックします。山の天気のページが表示されます。日本全国の主な山岳が表示されますので、山岳名をクリックすると通知予測の結果等が参照できます。10日間天気予報が参照できます。タ値予測結果が標高ごとに参照できます。これは、気象庁や民間の気象会社が独自に収集した様々な情報から数値予測した結果なので、必ずしも他の気象会社と同じ予測になるわけではありません。
登山や山登りで天気予報の活用

2.てんきとくらす http://tenkura.n-kishou.co.jp/tk/index.html

行楽地や健康・生活情報をメインとした全国の天気予報の情報を提供しているサイトの中に、「高原・山」のジャンルで山の天気予報を知ることができます。山は、都道府県ごとに分類されていますが、目的の山を探すのに若干時間がかかります。
↓,討鵑とくらすのリンクをクリックしてページを開きます。∈犬離瓮縫紂爾ら「行楽地の天気」をクリックします。ジャンルから、「高原・山」をクリック。せ崖戮鬟リックすると山頂の天気が表示されます。セ劃塞婉瓩虜F・明日・明後日の天気予報が表示されます。寒さが衣類で表示されたり、わかりやすいアイコンが利用されたりしており、万人向けなサイトとなっています。
登山や山登りで天気予報の活用

3.ウェザーニュース http://weathernews.jp/

 ウェザーニュースは、パソコンやスマートフォンでは見れませんが、携帯電話からみれる登山情報を提供しています。全国の山岳をカバーし、山頂付近の直近2日間の天気、風、温度と一週間先までの天気の情報。有料コンテンツなので、会員登録して月額料金を払う必要があります。私は、既に、3年以上利用しているサイトで信頼性が高いと思います。直接パソコンからは見えないので、携帯電話のブラウザから確認してください。プレスリリースはこちらから。

4.気象庁 http://www.jma.go.jp/jma/index.html

 気象庁は日本国内の天気予報にかかわらず、災害(火山、地震、津波)、転機のデータとう気象にかかわる情報を発信、記録しています。天気予報は気象庁のサイトのリンクからたどってもらえばいいので、今回は高層天気図を紹介します。
 高層天気図とは、普段テレビや新聞で見慣れている地上天気図とは異なり、高度が高いところの気温や風力、風向、等高度が記載されています。ん?等高度とは聞き慣れない言葉ですが、同じ気圧の高度を記述し、同じ高度を持つ地点を結んだ線のことを等高度線と言います。高層天気図と地上天気図の大きな違いは、地上天気図ではその地点の気圧を表記し同じ気圧の地点を結んだ等圧線を記述するが、高層天気図ではこの等高度線が描かれている点です。
 ↓ゝぞ歡のサイトから高層天気図をクリックしてページを開きます。高層天気図の「アジア500hPa・300hPa・・・」をクリックします。9眩愿卦た泙表示されます。上の図が300hPaを示し、下の図が500hPaを示しています。い海良充┐蓮◆AUPQ35」における、500hPa、 2013年4月23日の0900時(日本時間)の高層天気図です。イ泙困蓮高層天気図で温度を見るように心がけてください。温度は点線で示されます。
登山や山登りで天気予報の活用

5.地球気 http://n-kishou.com/ee/index.html

 気象庁から発表される天気予報の情報をわかりやすくしたサイトです。高層天気図の各ポイントで時間ごとに表示されるのでわかりやすいですね。
http://n-kishou.com/ee/exp/exp01.html?cd=aupq35&cat=e1[AUPQ35] アジア500hpa 300hpa解析図